HOME > 目立たない矯正ワイヤーについて

目立たない矯正 ホワイトワイヤー

一般的に矯正治療というと銀色でギラギラした状態をイメージする方が多いと思います。

目立ちにくい審美ブラケットをつけてもワイヤーは金属色で目立ってしまう・・・
目立たずに矯正治療をしたいけど裏側矯正(舌側矯正)では高額になってしまう・・・

そんな悩みを解決するのがホワイトワイヤー(エステティックワイヤー)です。
このホワイトワイヤーを使用する事で、目立たず矯正治療をする事ができます。
また、ブラケットとワイヤーを固定するためにリガチャーワイヤーやモジュールというゴムのようなものを使用しますが、当医院ではリガチャーワイヤーやその他矯正治療に必要なコイルやフックなども白くコーティングされたものを使用しています。モジュールというワイヤーとブラケットを固定するゴムは透明、白、ベージュ、パール色をご用意し、患者様のお好みに合わせて使用していきます。モジュールは日々の食事で徐々に、特にカレーで黄色に変色してきますが、パール色を使用すると徐々にベージュに変色していき、汚れが目立ちにくくなり当医院の患者様にも好評です。

ホワイトワイヤー(エステティックワイヤー)とは

通常のシルバーの表面を歯の色に近い色にコーティングした審美性の高いワイヤ-です。真っ白にコーティングされたワイヤーですと、かえって白浮きして目立ってしますので、フォレスト矯正歯科クリニックでは歯に近い色(少しベージュ色)にコーティングされたワイヤーを使用しています。
太さや硬さなどのサイズも各種そろえていますので、治療期間中を通して目立たずに治療することができます。

フォレスト矯正歯科クリニックの患者さまは治療中を通してホワイトワイヤーを使用される患者様もいらっしゃいますが、ご友人の結婚式や旅行、卒業アルバム・就活の写真撮影、面接などの特別な日にホワイトワイヤーを使用する患者様もいらっしゃいます。

デメリット

  1. ホワイトワイヤーはワイヤー自体が白い訳ではなく、シルバーのワイヤーの全面、もしくは外から見える面のみの表面をコーティングしています。昔に比べれば白さは持続しますが、患者様の食生活や歯磨きなどではげることがあります。